WWDC 2012 ではRetinaディスプレイを採用したMacBook Pro (15インチ) がついに登場したほか、非RetinaなMacBook Pro (15、13インチ)、MacBook Air (13インチ、11インチ) も一挙に Ivy Bridge 世代に更新されました。が、一方で17インチのMacBook Pro がラインナップから消えています。アップルオンラインストアでMacBook 全機種比較を選んでも、並ぶのは15インチまで。

デスクトップ置換的な巨大ノートを好んでいたユーザーは、解像度でとりあえずRetina モデルを選ぶか、デスクトップでは Thunderboltで外部ディスプレイにつないで凌ぐことになります。またExpressCardスロットを載せたProもなくなってしまいましたが、そちらは USB 3.0 や Thunderbolt で運用できそうです。あるいは一時的にラインナップから抜けただけで、今後Retina な19インチ MBP や机サイズの MacBook Air が登場しないともかぎりません。