速報:アップル WWDC 2012 基調講演、新発表まとめ

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年06月12日, 午前 09:20 in apple
0シェア
FacebookTwitter


WWDC 2012 の主な発表は:


新 MacBook ラインナップ発表

Retina ディスプレイ MacBook Pro 発表。15.4インチ2880 x 1800!厚さ18mm、重さ2.02kg。光学ドライブ廃止。
実機ギャラリー、動画、非 Retinaと比較写真
参考:Retinaディスプレイ MacBook Pro と通常 MacBook Pro (新旧) 仕様比較チャート

新 MacBook Air 発表
。Ivy Bridge にリフレッシュ。USB 3.0も装備。

足を引っかけてもノートを道連れないMagSafe は互換性のない MagSafe 2コネクタに。980円のコンバータを買えば変換できます。

一方、17インチのMacBook Pro はIvy Bridge にならずディスコン


iOS 6

iOS 6 発表。新マップやFacebook統合、Siriがさらに賢く、電子チケットアプリ Passbook など200以上の新機能。本日ベータ、正式版は秋。

iOS 6 新マップ公開。ベクタ化や3D対応、Turn by Turn ナビ、Siri 統合、フォトリアルな3D鳥瞰表示 Flyover など。

OS X Mountain Lion

OS X Mountain Lion は7月発売、1700円。iCloud の強化。Safari やメッセージ、リマインダー、メモなど対応。Documents in the Cloud。通知センターや音声入力、Twitter や Facebook統合、Game Center など iOSからの輸入機能多数。またスリープ中でもメールやフォトストリーム、メモ、Macを探すなどを同期する新機能 Power Nap。電源に接続中はアップデートのダウンロードやバックアップも。

そのほかステージでは発表されなかったものの、新 AirMac Express がさりげなく発売。デザイン変更・2.4GHzと5GHz デュアルバンド同時接続など機能向上しています。

関連記事の一覧はタグ:WWDC 2012でも見られます。

本家 Engadget の Live Blog では会場入り前の行列から更新中。会場のバナーは iOS 6 や OS X のほか、まだカバーで覆われたものもあり。まだ公開できない何らかの新製品や新発表が期待できます。








演台にはMacBook が数台。新モデル?



! 意表を突いて、前説はSiriが担当。









去年はジョブズだったWWDC キーノートもティム・クック新CEOへ。数字で振り返るスタイルは共通。


App Store について。4億アカウント。クレジットカードとワンクリック購入ありのアカウント数。カード登録のあるアカウント数としては、アップルの把握するかぎりネット上最大。


アプリ数は65万。うち22万5000はiPad用デザインを備える Made for iPad。


アプリのダウンロード数は300億件を突破。開発者への支払総計は50億ドル以上。







32か国を新たに追加、提供は155か国へ拡大。



開発者のアプリとアップルのデバイスが世界の人々の人生をどう変えたか、さまざまないい話エピソードをまとめたビデオを上映。





視覚障害者向けアプリや教育アプリ etc、人生が変わったと喜ぶ世界のユーザー、アップル製品向け開発の魅力を語る開発者......のくり返し。






開発者へ感謝を述べた後、本日の発表について。MacBookの新ラインナップ発表を予告。および iOS と OS X について。




新 MacBook Air から。






Ivy Bridge デュアルコア Core i7、~2GHz、~8GB RAM、「60%高速なグラフィック」。512GB SSD、読み込みは現行の2倍早い500Mbps。USB 3.0。

















解像度は据え置き。本日より出荷開始。




続いて Pro。こちらも Ivy Bridge 更新。15インチ版はGeForce GT 650M を搭載。現行のAMD Radeon より60%高速。







13インチ諸元。




15インチ版諸元。本日出荷。


さらに新モデルが登場。


Airがコンシューマーノートを革新したように、次世代のMacBook Pro とはなにか?を考え直したモデル。




「史上もっとも美しいコンピュータ」。Airのようなくさび形ではなくただ薄い。







Pro 史上最軽量、Airに近い最薄、かつRetina Display採用。


15.4インチ2880 x 1800。


220ppi、518万4000ピクセル。




さらに高輝度、広視野角、低反射。





Final Cut Pro や iPhoto、Safariなど内製アプリは対応。サードパーティーでもAdobe は対応 PhotoShopを開発中。AutoCADも。非対応アプリはピクセル2倍表示もできる。





中身は4コアCore i7 (最高2.7GHz)、最大16GB RAM、GeForce GT 650M Kepler GPU。


768GB SSD。7時間バッテリー、スタンバイで30日。


ほかSDスロット、USB 3.0 x2、Thunderbolt。


薄くなった MagSafe 2





Bluetooth 4.0、FaceTime HDカメラ、デュアルマイク。


2:49AM 名称は MacBook Pro with Retina Display。らしい。本日出荷。


2:49AM 続いてOS X について。


2:49AM



2:50AM 数字で振り返る。Lion出荷は2600万本(件)。


2:51AM Mountain Lion には200以上の新機能。うち「わずか8つ」を紹介。最初はiCloud。1億2500万ユーザー。


2:52AM iCloudに最適化された新アプリ。メッセージ、リマインダー、Notes。


2:52AM



2:54AM アプリごとの見えない固有ストレージだけでなく、より汎用のドキュメントベースに使う Document Libraries。PagesやKKeynote 、TextEdit など従来のアプリが対応。SDKも提供。


2:55AM



2:55AM Notifications。iOSや Growlっぽいシステム通知。


2:56AM



2:56AM iOS風の未読バッジも。


iOSから輸入のディクテーション(口述テキスト入力)、iCloud共有タブもある新Safari。






新機能 Power Nap 。電源に接続してスリープ中、自動的にアップデート / 同期 / バックアップ。








AirPlay Mirror。






GameCenter もMacに輸入。




新機能は200以上。




強力な中国語サポート、新フォントやIME、辞書。





Mountain Lionは7月出荷、19.99ドル。1ライセンスで自分のすべてのMacに導入可能。今日以降に新Macを購入すれば無料。




続いて iOS 6。Androidのバージョンのバラツキと、iOS を比較。


iOS 6 は200以上の新機能を搭載。まずは大幅に進化した Siri。







スポーツの結果など、さらに多くのアプリ / 情報元に対応。




試合速報やスコアだけでなく、選手データも把握。


Yelpレビューつきレストランガイド、映画レビューつき映画ガイドなど。会話できる範囲が拡大。




Eyes Free。ハンズフリーかつ目もフリー。自動車各社と協業。





さらに、米国のみのローカルサーチが各国に拡大。


Siriは新iPad (2012年モデル)にも対応。





続いてFaceBook統合。写真から写真を投稿、マップから位置情報、Safariでウェブページ etc を共有。




App Storeにも統合。アプリをLike!したり etc。


続いて電話アプリ。出られない状況で着信した場合、メッセージで「あとでかけます」などを選択して送信。Androidと似たような機能。









DNDモード。重要なもの以外の通知を鳴らさない、画面を点灯しない。





FaceTimeが3G対応。


Safariの新機能はデバイス間で同期する iCloudタブ、オフラインのリーディングリストなど。








ウェブサイトのアプリ版があった場合に通知。直接App Storeでアプリ版をおおせる。


落とせる。


ウェブからはURLで状態を送って引き継げる。


ランドスケープのフルスクリーン表示。


フォトストリームの拡張。友人やグループと共有する Shared Photo Stream。


写真を選んで共有相手を選ぶ。全部を全員ではない。







新機能。VIP。


選択した重要な相手だけのVIPメールボックス。メッセージはハイライト表示されるなど。








新アプリ Passbook。





チケットやパスのワンストップ管理。iPhoneの画面にバーコードを表示してスキャン。




単なるメモではなく、iOSデバイスの画面が飛行機のチケットやFandango、スポーツの試合などのチケットそのものになる。




映画や飛行機、イベントについてはスケジュールと連動で勝手に画面に現れる。また位置情報と連動すれば、近所のスターバックスに着いたらスタバのプリペイドカードが現れる etcの連携。





通知。United航空のチケットは、出発ゲートの変更など更新情報を通知してくる。


次はGuided Access 。アクセシビリティサポートの新機能。





シングルアプリモードで、誤って別の画面に遷移することを防止。


いよいよマップアプリの時間。





iOS 6より、1から作り直した完全新規の地図アプリを導入。





世界対応。ローカル検索には、すでに1億件のビジネスを登録。











3D表示のナビ機能。








マップ、ナビ、交通情報はSiriと統合。会話で案内してもらえる。








フォトリアルな3Dマップも。ズームアウトを重ねると3Dに移行。より広い範囲をカバー。

















そのほか細々とした新機能。GameCenter の「チャレンジ」。要は実績。迷子モード。端末を紛失したとき。画面に連絡してほしい番号が表示され、拾った誰かがタップするだけで発信。


Mountain Lionとおなじ手厚い中国サポート。BaiduやYouku など対応。





ベータは本日開始、秋に正式版。iPhoneは3GS以降、iPadはiPad 2以降、iPod touchは4代目以降をサポート。





再びティム・クック。本日のおさらい。








どのすばらしい機能も、統合されたハードウェア、ソフトウェア、サービスがあってはじめて実現する。それができるのはアップルだけ。われわれの製品と、みなさん(開発者)のアプリとで、世界を根本的に変えることができる。


とまとめて、観客に感謝。キーノートはここまで。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: apple, ios, ios 6, Ios6, ipad, iphone, iphone 4s, Iphone4s, macbook air, macbook pro, MacbookAir, MacbookPro, map, mountain lion, MountainLion, os x, OsX, retina display, RetinaDisplay, WWDC 2012, Wwdc2012
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents