Acer unveils Iconia Tab A700 1920 x 1200 display and Tegra 3 under the hood

Acer がAndroidタブレット Iconia Tab A700 を米国向けに正式発表しました。A700 はエイサー Iconia Tab シリーズで初めての1920 x 1200 WUXGA 画面を採用した製品。プロセッサにはクアッドコア(「4 PLUS 1 コア」) のNVIDIA Tegra 3 を搭載します。

主な仕様は10.1インチ 1920 x 1200 液晶 (コントラスト比800:1、視野角178度)、Tegra 3 プロセッサ、1GB RAM、32GBストレージ、microSDスロット、HDMI出力、充電可能なUSB 2.0ポート。802.11b/g/n WiFi、Bluetooth v2.1+EDR、GPS、背面5MPカメラ (AF、LEDライト)、前面1MPカメラ。

オーディオはDolby Mobile 3で5.1ch サラウンドに対応します。バッテリーは9800 mAh で動画再生10.5時間、WiFiウェブアクセス約8時間など。OSはAndroid 4.0 ICS。本体重量は約650g。同じTegra 3 採用の10インチ下位モデル A210より60gほど軽量です。米国価格は449.99ドルで本日より予約販売を受付中。1月の発表から意外と時間がかかりました。