Google Chrome が Retina ディスプレイ MacBook Pro に試験対応、カナリア向け

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年06月14日, 午前 11:56 in chrome
0シェア
FacebookTwitter


Google が 新 MacBook Pro の Retinaディスプレイに対応した Chrome ブラウザのテスト版を公開しました。WWDC 2012 で発表された MacBook Pro Retina ディスプレイモデルは15.4インチで2880 x 1800 ピクセルの高解像度を誇りますが、先に Retina 化した iPhone や iPad と同じく、対応アプリと並ぶと非対応アプリが急に粗くみすぼらしく見える恐ろしい効果があります (等倍表示の15.4インチ1440 x 900 と変わらないはずなのに)。

Google の Chrome チームは「(MacBook Pro Retinaディスプレイモデル) でも輝くまで Chromeを磨き上げる」と宣言しており、まずは最先端の実験的機能をテストする Canary channel で高解像度対応版をリリースしました。テキストはもちろん、ビットマップのリソースも高DPIできれいに表示されます。Canary channel のインストールはリンク先から。安定版の Chromeブラウザと独立してインストールはできますが、名前のとおり毒ガスが出たら死ぬ覚悟のカナリア向けです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: chrome, google, MacBook Pro, MacbookPro, retina display, RetinaDisplay, WWDC 2012, Wwdc2012
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents