Buffaloから国内初の802.11ac (部分)対応ルータ WZR-D1100H発表、理論値600Mbps

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年06月15日, 午後 01:07 in 802.11ac
0シェア
FacebookTwitter
バッファローが「国内初の11ac技術搭載」無線LAN製品 2機種 3製品を発表しました。ラインナップは親機(ルータ) WZR-D1100H、子機(イーサネットコンバータ) WLI-H4-D600、両方セットのWZR-D1100H/E。バッファローといえば5月に世界初の 802.11ac 対応ルータ WZR-D1800H を米国で発売していますが、そちらの理論値が5GHz帯で1300Mbpsだったのに対して、今回国内向けに発表されたWZR-D1100H は600Mbps。







これは802.11ac規格に定められたさまざまな技術のうち、変調符号の多値化 (64QAMから256QAM)のみを搭載(というか有効化)しているため。802.11ac ではそのほか従来より伝送帯域(チャンネル幅)を広く、本数を多く(MIMO最大8本)することで高速化を実現しますが、WZR-D1100Hではとりあえず符号化の変更のみに対応し、理論値は従来の1.3倍にあたる最大600Mbpsとなっています。

ルータとしての仕様は有線LANが上流1 + LAN側4ともにギガビット対応、プリンタ共有やUSB HDD の簡易NAS化、DLNAサーバに対応するUSB 2.0 x1ポート、PC不要のBitTorrentクライアントなど。無線は5GHz帯と2.4GHz帯の同時利用にも対応します。簡単設定機能は、スマートフォンアプリだけで設定できPCも不要なAOSS2を搭載。

価格はWZR-D1100H が希望小売価格 1万7800円(税別)、5GHz帯(ac)または2.4GHz帯のどちらかで接続できる4ポート子機WLI-H4-D600が同1万16800円。いずれも7月上旬発売。セット売りは7月下旬から3万1700円(税別)。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: 802.11ac, buffalo, wzr-d1100h, wzr-d1800h
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents