NECが Android 4.0 採用タブレット LifeTouch L を発表しました。「LifeTouch」は、もともとビジネス向けのタブレットシリーズの名称でしたが、今回発表された LifeTouch L はビジネス用に加えて、NECでは初となる個人向けモデルもラインナップされます。

個人向けモデルの主な仕様は、10.1型 WXGA(1280 x 800)液晶、1.5GHzデュアルコアのTI OMAP 4460 プロセッサ、1GB RAM、16GB または32GB ストレージ、microSDHC スロット。802.11 a/b/g/n WiFi、Bluetooth2.1 + EDR、背面500万画素カメラ / 前面120万画素カメラ、Micro HDMI 出力など。またDLNA / DTCP-IPに対応し、レコーダの地デジ番組などを視聴できます。本体重量は540g、外形寸法は257 x 181 x 7.99mm。10.1型タブレットとしては軽く薄い部類です。バッテリーはウェブブラウズだけなら最長13時間。

NECいわく、『「タブレットで何ができるかわからない」「アプリをどう探したらよいかわからない」といった不安を解消するため』、16GBモデルには25種類、32GBモデルには50種類ものアプリが詰め込まれている点も売りのひとつです。さらにアプリがたくさんあってもどれを使えば良いのか分からない場合のため、やりたいことから目的にあったアプリを検索できる「アプリ&サポートナビ」を搭載します。

個人モデルは全国の家電量販店および直販のNEC Direct で7月5日発売。価格はオープン、直販価格では16GBモデル4万4940円。主なプリインストールアプリの紹介は続きの動画をどうぞ。
 

NEC は LifeTouch L 発売にともない、 Android タブレット用アプリ紹介サイト「タブレットアプリファン」や、プリインストールのスケジュールアプリ「myArrange Schedule」専用のスケジュールコミュニティサイト「リフィルズタウン」を新たに立ち上げるなど、メーカーとしても力を入れていることが伺えます。