Android Jelly Bean revealed as version 41 on Galaxy Nexus checkout page

次期Androidプラットフォームのコードネームは Jelly Bean (らしい)、バージョンは5.0ではなく4.1(のようだ) 説にまた新たな材料が出てきました。今回の出どころは公式の Google Play ストア。Googleが直販するアンロック版 Galaxy Nexus を物色していたユーザーが目撃したもので、Galaxy Nexus HSPA+ の商品説明として「Googleからの最新スマートフォン。まもなく最初の Android 4.1 Jell... (搭載端末に)」と書かれています。

ジンジャーブレッド (2.3.x)、ハニカム (3.x)、アイスクリームサンドイッチ (4.0)に続く J が Jelly Bean らしいという話は、3月のASUS幹部の発言などから何度か話題になりました。バージョンナンバーはAndroid 5.0という説もあったものの、最近ベンチマークサイトに現れた未確認端末「ASUS製 Google Nexus 7」はversion_sdk (OSバージョン)が4.1、ビルド JRN51Bのデータを残しており、Jelly Bean はAndroid 4.1になる傍証と見る向きもあります。

またGoogle Play のカート内に表示される製品サムネイル画像には、現行 Ice Cream Sandwich版とは違うホーム画面が使われており、うっかりテキストだけ間違ったのではなくフライングで掲載してしまったとも考えられます。GoogleがこれからのAndroidについて発表する開発者イベント Google I/O は今月27日から。
Android Jelly Bean revealed as version 41 on Galaxy Nexus checkout page