全日空(ANA)が来年夏より国際線機内での WiFi サービスを開始します。すでに各国で機内通話・機内 WiFi を提供している OnAir 社の「インターネットオンエア」サービスによるもので、ボーイング777-300ER および 767-300ER が対象になるとのこと。乗客はホットスポット感覚で接続することができ、通信にはインマルサットの通信衛星を利用します。ただし、あるいは、もちろんと言うべきか、有料です。具体的な開始日や価格は今のところ不明。フライト実況してみた、などを見る日は近そうです。

追記:
一方の JAL は7月15日から、成田-ニューヨーク線で WiFI サービス JAL SKY Wi-Fi を導入します。8月4日までは隔日、それ以降は全便で導入の予定。路線もロサンゼルス、シカゴ、ジャカルタと拡大の計画が発表されています。価格は1時間11.95ドル、24時間なら21.95ドル。JAL カードなら割引もあります。