イオン、ヨドバシ、Amazon とのコラボ製品も含め、そろそろ幾つあるのか理解が難しくなってきた日本通信の SIM シリーズに、またもや新作の PairGB SIM が加わります。「高速モバイルのキラー通信サービス」という自称どおり、同社の「カメレオン SIM」同様にドコモの LTE に対応する b-mobile 4G ブランドで、それでいて月額2970円という価格設定がアピールポイントです。

安さの理由は、毎月の通信量が 2GB と抑えられていること。ドコモの「Xiパケ・ホーダイ ライト」(月4935円)が3GB制限、それ以降は 128Kbps 通信となっているのと比較すると、さらに厳しい条件となります。通信量の追加は525円/100MB。

反対にドコモにないアピールポイントは、2枚の SIM が同梱されていること。標準サイズの SIM とマイクロ SIM を自由に組み合わせられます。例によって二年契約縛りがないのもポイント。肝心の発売時期は「今週」、購入先は「まもなく別途、発表します」。