Amazon's Flow augmented reality app comes to Android, makes shopping more entertaining

アマゾン傘下の検索技術企業 A9 Innovations が、AR商品情報アプリ Flow Powered by Amazon の Android版をリリースしました。Flow は携帯端末のカメラを使って、本や雑誌、ゲームや映像ソフトのパッケージなどからアマゾンの商品情報を呼び出すアプリ。

商品のバーコードやQRコードを読むこともできますが、表紙やパッケージを画像として高速に認識する点がFlow の売りです。カメラを向けるだけで自動的に特徴点を抽出して検索を開始するため、いちいちシャッターを切って認識を待つ必要もなく、アプリ名のとおり流れるように半透明のミニウィンドウがポップアップします。

タップして表示できる詳細情報は新品・中古の価格や説明、ゲームや映像ソフトなら動画、関連製品やレビューなど米Amazonのデータベースそのもの。本やDVD、ゲーム以外にも、パッケージやバーコードがあれば食品や日用品などもアマゾンが扱うかぎり認識でき、そのまま購入も可能です。

また認識結果のポップアップはタップしなければ勝手に履歴リールに流れ込んでゆくため、複数の商品があっても、順にカメラを向けてゆくだけで画面を操作することなく次々に取り込めるのも優れた点。

Flow アプリは Google Play で無料提供中。ただし昨年から提供中のiOS版とおなじく、残念ながら日本のGoogle Play ストアでは今のところダウンロードできません。(ただし、ゲームや書籍などは日本版がそのまま米アマゾンのDBに入ってることが多く、海外版も含めて高い確率でヒットはします)。