iPhoneに書類を取り込むファイル「ショットドックス」発表、キングジムのデジアナ文具シリーズ

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年07月3日, 午後 09:00 in dropbox
0シェア
FacebookTwitter

キングジムが紙の書類を iPhone カメラで取り込むためのファイル「ショットドックス」シリーズを発表しました。人気商品のショットノートは四隅にマーカーのある手書き用メモでしたが、ショットドックスはクリアファイルやホルダー型の製品。専用 iPhone アプリ SHOT DOCS App が書類の四辺を認識し台形補正や余白カットを自動処理することで、電子ファイルとしてきれいに取り込むことができます。

ファイルには光が反射しにくい「低反射ポケット」を採用。取り込んだ書類はアプリ内でブラウズ・確認できるほか、メールで送信したり、Evernote や Dropbox、Google Drive など定番のクラウドストレージサービスに送って共有できます。

アプリ SHOT DOCS App はiPhone 3GS / 4 / 4S対応、iOS5.1推奨。iPod touch や iPad には対応しません。7月上旬より App Storeで無償配布するほか、Android版も2012年中に予定しています。

ラインナップはA4クリアーファイルが20ポケット 514円、40ポケット892円、サイドインタイプが20ポケット472円、40ポケット630円。1列3段のコンパクトタイプ 名刺ホルダーは120ポケットで367円。A4ハードホルダーは199円、クリアーホルダー3枚パック262円。いずれも8月8日より発売。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: dropbox, evernote, google drive, GoogleDrive, ios, iphone, kingjim, shot docs, shot note, ShotDocs, ShotNote, stationery
0シェア
FacebookTwitter