SCE がPS3向け「PS2アーカイブス」の開始を発表しました。初代PS や PCエンジンなどの過去作が遊べる「ゲームアーカイブス」の一部として、新たにプレイステーション2規格タイトルを追加します。第1弾は、7月25日に追加される5本。ラインナップは:

BIOHAZARD® CODE: Veronica 完全版 (カプコン、1200円)
決戦 (コーエーテクモゲームス、1500円)
真魂斗羅 (コナミデジタルエンタテインメント、1200円)
ドラゴンフォース (セガ、800円)
SIREN (ソニー・コンピュータエンタテインメント、1200円)

価格は (今のところ) 800円から1200円。今後は月に一度程度の頻度で新作が追加されてゆく予定です。対応ハードウェアはPS3のみ。



PS3でPS2ゲームといえば、初期型ではPS2相当のハードウェアを載せたニコイチ式でディスク互換を実現したものの、その後はコストダウンにつれて方式を変えたことで対応タイトルが半減したり、最終的にはきれいさっぱり廃止されたりと曲折がありました。

一方でPS2タイトルをPS3に個別対応させての販売は、HDリマスターや3Dを加えたものから適当に引き伸ばしたものまで、「~コレクション」などの名で相当数存在しています。今回のリリース(予定)タイトルも、当時のマルチプラットフォームタイトルや移植作が多め (『ガンスターヒーローズ ~トレジャーボックス~』に至っては1988年発売のメガドライブから移植)。

PS2時代のディスクをちゃんと保管しているユーザーにはお約束の2度払いになるものの、ダウンロード版ならばいちいち入れ替えなしで遊べる利点もあります。

今後配信予定のタイトルは:
DOA2 HARD・CORE
1,500円
株式会社コーエーテクモゲームス

キャッスルヴァニア
1200円
株式会社コナミデジタルエンタテインメント

ダイナマイト刑事
800円
株式会社セガ

ガンスターヒーローズ ~トレジャーボックス~
800円
株式会社セガ

ダーククラウド®
1,200円
株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント
なお、PSPでできたのにVita でできなくなった初代 PSアーカイブス対応は、この夏のシステムアップデートで導入する予定が発表されています。