Apple OS X 108 Mountain Lion Gold Master is up for the download

アップル OS X の次期バージョン Mountain Lion が完成を迎えました。開発者サイトではプレリリース版 GM Seed のダウンロードが始まっています。日付は7月9日、ビルドは12A269。GM Seed は「ゴールデンマスター(の種)」の名のとおり、よほどの問題が発生しないかぎりそのまま一般向けになるバージョンです。

「山ライオン」の一般向け提供は7月中の予定。現行のライオン (10.7x)ならばMac App Store から1700円で購入してアップグレードが可能です。対応するMac は:

  • iMac(Mid 2007以降)
  • MacBook(Late 2008アルミニウム製、またはEarly 2009以降)
  • MacBook Pro(Mid/Late 2007以降)
  • MacBook Air(Late 2008以降)
  • Mac mini(Early 2009以降)
  • Mac Pro(Early 2008以降)
  • Xserve(Early 2009)
Mountain Lion の機能強化は iCloud の本格統合、スリープ中に同期や各種ダウンロードを済ませる Power Nap (要フラッシュメモリ搭載Mac)、iOSから輸入された通知センター、共有ボタン、Game Center や Twitter 統合、秋にFacebook統合、App Store以外のアプリ禁止も設定できるセキュリティ機能 Gatekeeper など。詳しくはタグ : Mountain Lionの関連記事か、アップルの新機能詳細ページをどうぞ。