Acer unveils Iconia Tab A700 1920 x 1200 display and Tegra 3 under the hood

エイサーが10インチAndroidタブレット Acer Iconia Tab A700 を国内向けに発表しました。店頭予想価格は内蔵ストレージ16GB版が4万4800円前後、32GB版が4万7800円前後。発売は両モデルとも7月20日。

Iconia Tab A700 は Acer のAndroidタブレットとして初めて、かつ国内で販売されるAndroidタブレットとしても初めて、1920 x 1200 WUXGA のフルHD(超) ディスプレイを採用します。オーディオもドルビーデジタルプラスや5.1chサラウンドなど力が入っており、日本エイサーによる二つ名は「どこでもホームシアター」。

ほか主な仕様は Tegra 3 プロセッサ (4コア、1.3GHz)、1GB RAM、16GB / 32GB ストレージ、microSDHCスロット、背面500MPカメラ(AF, LEDライト)、前面1MPカメラ、Bluetooth v2.1+EDR、802.11b/g/n WiFi、HDMI出力、マイクロUSBポート(ホスト / スレーブ / 充電兼用、バスパワーは非対応)。OSはAndroid 4.0 Ice Cream Sandwich。

本体重量は665g、バッテリー容量は9800mAh。駆動時間は720p H.264動画再生で約11時間、ウェブで約8時間、スタンバイ1950時間。