ロジクールから光充電 iPadキーボード「ソーラーキーボード フォリオ」、7月20日発売

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年07月12日, 午前 10:43 in ipad
0シェア
FacebookTwitter
ロジクールがソーラーパネルで充電する無線 iPad キーボード 「ソーラーキーボード フォリオ」TK810CBを発表しました。畳んだ状態ではiPadの画面も背面も保護するカバーとして、開けばタイピングポジション / メディアポジションの二つの角度で iPadを固定できるスタンドとしても機能します。

iPad とキーボードの接続はBluetooth式。iPad 2 および新 iPad (2012)に対応します。ソーラーパネルと聞いて気になるのはバッテリー充電時間と環境、駆動時間ですが、そこはPC向け光充電キーボードで定評あるロジクール / Logitech らしく、一般的な室内光でも充電でき、約6時間充電すれば完全な暗闇でも約2年間使用可能です(一日2時間使用の計算で)。電池そのものは内蔵の単4ニッケル水素充電池 x2本を使います。

キーボードは64キー英語レイアウト、キーピッチ17mm、ストローク1.5mmのパンタグラフ式。押下圧は一般的な60g。ホームや言語切り替え、アンロックやテキスト操作など一般的なショートカットを備えるほか、写真の打鍵ポジションより寝かせたメディアポジションでは一番下のキー列が再生・停止やスライドショーといった「メディアキー」にかわる仕掛けもあります。本体の重さは460g。

発売は7月20日、価格はオープン。ロジクールオンラインストアでは1万5800円。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: ipad, keyboard, logicool, logitech, solar
0シェア
FacebookTwitter