TweetDeck がv1.5にアップデート、左右スワイプなど操作性改善 (動画)

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年07月18日, 午後 01:23 in tweetdeck
0シェア
FacebookTwitter

Twitter がパワーユーザー向けのクライアント TweetDeckを v1.5にアップデートしました。主な更新点はコラム移動や再配置などの操作性改善。まず中央上部のコラムボタンがドロップダウンメニューになり、一覧から望みのコラムに直接飛べるようになりました。この一覧で右にある「Ξ」アイコンを掴むことで、ドラッグ&ドロップで楽に再配置ができます。

また画面下に水平スクロールバーが加わわったほか、タッチパッドなどがスクロールジェスチャに対応している場合、左右へスワイプでも滑らかに左右スクロールできます。「Columns」ボタン左右の矢印クリックでは一画面ずつまとめて移動。そのほか個々のツイート上にマウスオーバーで現れる「...」ボタンからは、直接@ツイートやDM送信、フォローやリムーブ、ブロック等の操作が選択できます。

TweetDeck v1.5はWindows版とウェブ版、およびChromeアプリ版で提供中。Mac App Store 配布のOS X 版は今のところ1.3のようです。続きは新機能のツアー動画。


 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: tweetdeck, twitter
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents