Internet Explorer coming to Xbox 360, Kinect integration and all

Xbox LIVE の顔 Major Nelson ことマイクロソフト Larry Hryb 氏が、2012年 Xbox LIVE アップデートの公開ベータ参加者募集を告知しました。Xbox 360の大規模アップデートの前には恒例の行事です。ただいつもと違うのは、告知からわずか数時間で定員が埋まり応募が締め切られてしまったこと。

募集人数や選別方法が従来と違っていた可能性もありますが、Hryb氏は応募締め切りを伝える更新のなかで、ベータに寄せられた関心は「信じがたいほど」だったと述べています。今回のベータテストに含まれるのは、6月のE3 で発表されたアップデートの一部。具体的には Xbox 360版の Internet Explorer ブラウザ、パーソナライズされたダッシュボードのおすすめ表示、強化されたカテゴリサーチと発見機能など。

なかでもXbox 版 IEは「ゲーム機のウェブブラウザ」としては後発ながら、Windows 8と同じ IE10 コアで HTML5など最新規格に準拠すること、Kinect の音声コマンドやジェスチャ操作、さらにスマートフォンやタブレットのタッチ画面で操作するモードなど、なにかと面白そうな機能がデモされています。2012年 Xbox LIVE アップデートは、年内に一般ユーザーにも提供される見込みです。




Xbox 360 とスマートフォンや タブレットを連携させる Xbox Smartglass デモ。後半一分ほどはXbox版 IEの紹介になります。