iPhone や iPad の初期デザインが裁判資料から大量公開。スタンドつきやハードボタン多数モデルも

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年07月27日, 午後 01:56 in apple
0シェア
FacebookTwitter

文字どおり世界をまたにかけたアップル対サムスンの法廷闘争は差し止め命令で店頭から商品が消えたり出荷が止まったりと消費者にとっても他人事ではない事態が続いていますが、裁判資料はこれまで世に出なかった内部資料が多数公開される宝の山でもあります。ギャラリーはそうした資料のひとつ、iPhone / iPad / iPod touch あるいは名称すら未確定だったかもしれない iOS デバイスのコンセプトデザイン画像やモックアップ。

上の「SONY」 iPhone (的な何か) はカメラのように大きなャッターボタン(的な何か。ジョグダイヤル??)やゲームもできそうな多数のハードウェアボタンを備えていたり、また別のデザインでは角が落とされた八角形だったり、あるいは背面に収納式のスタンドを備える iPad (あるいは iPod xx)らしきものなどなど、最終的に製品化された「正解」を見慣れている目にはなんとも不思議な印象を覚えます。続きにはさらに多数の i なんとかコンセプトを掲載。



SONYロゴを「JONY」に変えた冗談。アップルのインダストリアルデザイン担当SVP ジョナサン「ジョニー」アイブのJony。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, apple vs samsung, AppleVsSamsung, ipad, ipod, lawsuit
0シェア
FacebookTwitter