Android 4.1 Jelly Bean on Google Nexus S

Google が Nexus デバイス用の Android 4.1 " Jelly Bean " ファクトリーイメージを公開しました。対象はすでに OTA アップデートで ゼリービーンが提供されている Nexus S および Galaxy Nexus、そして4.1プリインストールの Nexus 7 タブレット。対象デバイスのユーザーは拾ったROMを食べておなかを壊しても、最新の4.1.1に戻れるようになります。

なお、スマートフォンの Nexus S や Galaxy Nexus には地域と通信方式ごとにバリエーションがあり、「Toro」やら「Maguro」などといったコードネームが付けられていますが、うち韓国版 Nexus S や「4G」版、Galaxy Nexus でもVerizon向けの CDMA/LTE版 (トロ)などは今回のゼリービーンズ支給者に含まれておらず、最新は4.0.4 ICSのまま。

一方、Google公式ではないカスタムROMの雄 CyanogenMod 方面では、開発者のひとり Brint Kriebel (bekit) 氏が自分の「トロ」 Galaxy Nexus 向け CyanogenMod 10 (CM10) プレビューを公開しています。ただしあくまで個人的な実験プレビューであって、いまは「バグ報告されても困る」段階です。