サムスンの11.8型 2560 x 1600 高解像度タブレット「P10」、裁判資料から発覚

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年07月31日, 午後 03:37 in apple vs samsung
0シェア
FacebookTwitter
Samsung Retinalike 118inch tablet in the works according to court docs

SONYロゴつき iPhone やら 2005年夏の「Purple」デザインなど思わぬ資料が発掘される アップル vs サムスン裁判より。今度はサムスン側の未発表タブレットを示す情報が見つかりました。サムスンのタブレットロードマップ資料に2012年製品として載っているのは、2560 x 1600 ピクセルの高解像度ディスプレイとLTEを採用する11.8型タブレット「P10」。

2560 x 1600 (WQXGA) といえば、一般的な27インチ級のPC用モニタ製品でも最高クラスの解像度。たとえばアップルの27インチThunderbolt Display も 27インチ iMac も、16:9の 2560 x 1440 ピクセルです。タブレットでいえば、新 iPad (2012) が 9.7インチ2048 x 1536 約264dpi の Retina ディスプレイを採用しています。P10の11.8インチ2560 x 1600 は約256dpi。新 iPad より画面はひとまわり大きく、解像度はほぼ同等になる計算です。

サムスンが高解像度タブレットを開発中とのうわさは、アップルの Retinaディスプレイ採用 iPad が発表される前の昨年末あたりから囁かれていました。当時の情報では、11.8インチの大型ディスプレイを採用するものの、ベゼルが狭いためタブレット本体のサイズは10.1型の Galaxy Tab 10.1系と「それほど」変わらないという話もあります。またサムスンは7インチや7.7インチ系のラインナップも揃えていることから、持ち歩き用とは明確に別のおうち用に大画面高精細を位置づけることも考えられます。(東芝の13.3インチ Regza タブレットAT830とか)。

P10は裁判に提出された資料のうち「長期アクションプラン」などいくつかの部分に記載があるものの、製品としての詳細が分かったわけではなく、2012年のどの時期に発表されるのか、あるいはそもそもお蔵入りになっていないかも確定はしていません。昨年のうわさでは「2012年2月にも発表の可能性」でした。しかしサムスンは8月15日に米国で Galaxy 関連の新発表イベントを予告しており、そちらで発表される製品 (のひとつ) になることは考えられます。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: apple vs samsung, AppleVsSamsung, ipad, lawsuit, p10, retina display, RetinaDisplay, samsung
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents