最近は「食堂」関連の話題が多いタニタが、Androidスマートフォンと連携する体組成計「BC-505」を発表しました。測定したバイタルデータは、BluetoothでAndoroidアプリ「a-Tanita」に送信し、日頃の健康管理に役立てることができます。発売は8月1日で、予想価格は2万円前後。

BC-505で測定できるのは、体重、体脂肪率、筋肉量、推定骨量、内臓脂肪レベル、基礎代謝量、体内年齢、体水分率、BMI(体格指数)の9項目。また、本体には最大4人までユーザー登録が可能。さらに、プロスポーツ選手や、ボディビルダーのように筋肉量が多い人向けの「アスリートモード」、子どもの肥満を判定する「6歳からの肥満判定」などの測定モードも備えています。

通信は Bluetooth2.0+EDR (Class2)対応で通信距離は10mまで。対応するAndroidバージョンはv2.1以降。最大計量値は150kgまで。電源は単3形乾電池4本。本体サイズは340x340x34mm、重さは約2.6kg。 続きにはAndroidアプリ「a-Tanita」について掲載しました。
Androidアプリ「a-Tanita」は受信・蓄積したデータをもとに、1画面に1週間分をグラフ化して表示できます。また、左右フリックでグラフを過去、または直近までスクロールすることも可能。日々の健康状態を目で見て把握できます。さらに測定項目別に目標値を設定したり、マルチ曲線図画面では選択したデータ3項目までの1画面表示に対応します。