OS X Mountain Lion のダウンロード数が4日間で300万を超えたことをアップルが発表しました。4日間(最初の週末)で300万本超は、アップルいわく「Appleの歴史の中で最も成功したOS Xのリリース」。なお、前バージョンの 無印 Lion は初日で100万本を記録し、アップルのOS史上最速をうたっていました。

好評の理由には前バージョン Lion からダウンロード専売となり Mac App Store が普及したこと、Macから直接買える手軽さ、なにより1700円 / 20ドルの価格がありそうです。アップルの数え方では200以上になる「山ライオン」の新機能は iCloud 統合の大幅強化、Growl 的な通知センターやGame Center、共有ボタンなど iOS から逆輸入の共通機能、スリープ中にメールやフォトストリームの更新やアップデートのダウンロード、バックアップを実行する Power Nap の導入 (要フラッシュメモリ搭載のMacBook Air (mid 2011-) / Retina MacBook Pro )などなど。