バッファロー「どっちもハブ」に新モデル、コネクタもポートも「どっちもUSB」

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年08月2日, 午後 07:37 in buffalo
0シェア
FacebookTwitter


バッファローが「どっちもハブ」の新製品 BSH4UD18 シリーズ 4色を発表しました。2月発表の従来モデルから進化したのは、4ポートだけでなく上流のUSBケーブル側も「どっちもコネクター」になったこと。コネクタの向きを気にせず挿せる製品を買ってきたはずが、PCに接続する側には向きがあった!が解消されるため、確認しづらいポートへの接続や頻繁に抜き差しするノートとの併用に向いた製品です。

そのほかの仕様は前モデルとほぼ変わらず、USB 2.0対応 4ポート、バスパワー式、ケーブル長約 9cm、重さ約40gなど。ブルー / ピンク / ブラック / ホワイトのカラーバリエーションも変わりません。価格は税込みの希望小売価格が1942円、直販バッファローダイレクトでは1380円。発売は8月上旬予定。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: buffalo, usb hub, UsbHub
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents