The next iPhone's nanoSIM cradle allegedly leaked

「週間 iPhone 5 (仮)」最新号のふろくは nano SIMトレイのようです。リンク先 NoWhereElse が中国発の流出パーツとして掲載しているのは、現行の iPhone 4S より小さくなった SIMトレイ。次世代 iPhone は現行のマイクロSIMよりさらに小さなナノSIMを採用するといわれており、比較に重ねられた iPhone 4S のSIMトレイよりたしかに幅は狭くなっています。

nano-SIM (forth form factor, 4FF) は、今年の6月にETSI (欧州電気通信標準化機構) で標準化が採択されたばかりの新 SIMカード規格。従来規格と電気的な互換性を保ちつつ、小型化が進むモバイル端末にあわせて幅 12.3mm x 長さ8.8mmと40%小さくなりました (厚みは同じ 0.67mm)。

アップルはノキアやモトローラの別案と争った末に現在のnano-SIM規格を採択させており、 iPhone 5 / iPhone (2012) でさっそく導入しても不思議はありません。次世代 iPhone の発表イベントはまだ告知されていませんが、うわさでは9月12日発表説もあります。