Drobo debuts a duo of Thunderbolt drives the 5D for desktops and the Mini for road warriors

国内でDrobo製品を扱う KSG が、新世代モデル Drobo 5D と Drobo Mini の販売を発表しました。ドライブなし単体の店頭予想価格は、3.5インチ 5ベイの Drobo 5D が8万4800円、2.5インチ 4ベイのポータブル版 Drobo Mini が6万9800円。国内発売はどちらも9月下旬予定。



Data Robotics社製の Drobo シリーズは冗長化などRAID5相当のデータ保護機能を備えつつ、容量やメーカーの異なるHDD / SSDを混在させたり、ダウンタイムなしで追加・交換が可能など管理運用の手間がかからない技術 BeyondRaid を採用したストレージ製品。

最新モデルの5D / Mini ではシリーズで初めてThunderbolt & USB 3.0の両対応になったほか、ハードウェア・ソフトウェアを刷新して従来比5倍以上の高速化をうたっています。またメインの3.5インチ (2.5インチ) HDD / SSD スロットのほかに、キャッシュ用のmSATA SSDを装着するアクセラレータベイを搭載することも特徴です。5Dは新世代モデルのエントリー向け、Mini は Drobo シリーズで初めて2.5インチHDDスロットを採用したポータブル版にあたります。