Google、著作権侵害で通報の多いサイトのランクを引き下げへ

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年08月14日, 午後 12:00
0シェア
FacebookTwitter
Google to downrank sites hit by valid copyright claims

Google が 公式の Inside Search Blog で、著作権侵害の通報を多く受けたサイトのランクを引き下げる方針を明らかにしました。Google は著作権者から権利侵害コンテンツの削除申請を受け付けていますが、今回のアルゴリズム変更は、権利者からの「正当な」削除申請の件数が多いサイトについて、ページランクを下げて検索結果の下位に現れるようにするもの。

Googleはこの変更について、検索ランクの決定アルゴリズムにかかわる200以上の信号のひとつとして追加されるもので、ユーザーにとっては合法コンテンツを見つけやすくするものだと説明しています。Googleによれば著作権侵害での削除要請は急速に増えつつあり、現在では一日で2009年の一年間分よりも多い件数を受け取っているとのこと。



さて、明らかに違法な状態のページはともかく、気になるのは無関係なサイトや判断が難しいサイト、別の意図で誰かにとって都合が悪いサイトを「下げる」ために使われないかどうか。Googleはこの点について、実際に著作権者の許諾を得ているか否かは権利者にしか分からない、また権利侵害にあたるかどうかは裁判所が決めることであり Google が判断はできないとして、正当な権利者からの訴えがないかぎりサイトもページも検索結果から消すことはないとしています。

また不当な訴えで消された場合に逆通報できる仕組みも用意していること、どこからの通報がどのような結果につながったのかを公開し透明性を確保する措置をとっていることもあわせて説明しており、社会インフラに近く普及したおかげでどちらの側からも厳しく監視される難しさがうかがえます。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents