プレイステーション モバイルは秋から9か国で開始、ASUS Pad や Wikipadも対応。参入メーカー発表

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年08月15日, 午後 12:23 in android
0シェア
FacebookTwitter
HTC joins Sony as a maker of PlayStation certified handsets, PlayStation Suite is now PlayStation Mobile

ソニーがプレイステーション スイート あらため PlayStation Mobile の参入メーカーと、この秋からの本格展開を発表しました。またPSモバイルが動く PlayStation Certified 端末に、新たにASUSのタブレット ASUS Pad と、ゲーミングAndroidタブレット WikiPad が加わることも明らかにされました。


PSモバイルは、「オープンなシステム上でプレイステーションの世界を提供する」プラットフォーム。ソニーがAndroidタブレットやスマートフォン、PS Vita で動く仮想マシンと開発環境をサードパーティー開発者に提供し、PlayStation ストアで販売するビジネスです。

発表によれば、PSモバイルのコンテンツ配信は今秋から、日米欧豪の9か国で開始します。またSDK正式版を含む開発者プログラムは、前述の9か国に香港と台湾を加えた11か国向けに順次提供予定。PS Store でコンテンツを販売するためには、年間99ドルを支払ってSCEをライセンス契約を結んだのち、「所定の手続き」が必要です。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, asus, asus pad, AsusPad, playstation, playstation mobile, playstation vita, PlaystationMobile, PlaystationVita, ps mobile, ps vita, psm, PsMobile, PsVita, sce, sony, wikipad, xperia
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents