Google's Octane benchmark tests JavaScript in the real world, scales to mobile sizes


Google の Chrome チームが、新しいJavaScript ベンチマークスイート Octane を公開しました。Octane は Chromeブラウザの独自 JSエンジン V8 向けの既存ベンチマークに5つの実世界アプリを加えたもの。広く使われる実際のアプリ(の処理部分)を使うことにより、特定の演算処理などを計る人工的なベンチマークよりも、複雑なウェブアプリが普及した現代的なウェブブラウズに即した結果が得られるとしています。


従来のV8ベンチマークに新たに追加されたのは、2D物理シミュレーションエンジンのJS版 Box2Web (主に浮動小数点演算を計る)、3Dゲーム用物理シミュレーションエンジン Bullet の Mandreel によるJS変換版 (エミュレーション)、任天堂ゲームボーイのエミュレータ GameBoy-Online、モジラのJavaScript PDFビューア pdf.js など。

ブラウザのJSベンチマークなので、ウェブから直接アクセスして計測できます: Octane ベンチマーク。結果は数字が高いほど高速。個々のテストはOctaneに含まれた時点でフィックスされるため、Octaneのバージョン間で比較できます。ただし今後も定期的なアップデートでその時期に即したテストを追加してゆく予定のため、総合スコアはバージョンをまたぐと正確な比較対象にはなりません。