Lenovo's ThinkPad X1 Carbon Ultrabook gets official: on sale August 21st for $1,399 and up


レノボがウルトラブック ThinkPad X1 Carbon を国内向けに発表しました。ThinkPad X1 Carbon は、14インチ1600 x 900 非光沢ディスプレイを備えつつ、カーボン素材の採用でほかの13インチ級と同等の約1.36kg、厚さ8mm - 18mm が売りのUltrabook製品。レノボ・ジャパンの発表タイトルは「ウルトラブックの本命「ThinkPad X1 Carbon」登場」(自分で言った!)

国内向けには法人向けモデルが8月29日からパートナー販売店経由で、30日からはオンラインのレノボ・ショッピングで販売されます。量販店店頭での販売は9月以降。価格はオープン。

追記:個人向けのオンライン直販価格は、最安値の「台数限定 販売開始記念価格エントリーパッケージ」が11万9910円。構成はi5-3317U、4GB RAM、128GB SSD、Windows 7 Home Premium。ひとつ上の「台数限定 販売開始記念価格 バリューパッケージ」は i5-3427U、8GB RAM、128GB SSD で 14万6160円。


構成例は下位モデルが インテル Core i5-3317U (1.7GHz)、4GB RAM、128GB SSD。上位にはCore i7-3367Uに256GB SSDモデルや、カスタマイズで8GB RAMも選択できます(メモリ8GBはCore i5-3427U選択時のみ)。

そのほか仕様は7.8時間駆動バッテリー(35分で80%充電できるRapid Charge対応)、USB 3.0x1、USB 2.0x1、4in1カードリーダ、Bluetooth 4.0、802.11a/b/g/n WiFi、720p ウェブカメラ、指紋リーダ、TPMチップなど。ThinkPadらしい赤ポッチはそのまま、タッチパッドはWindows 8 ジェスチャなどにも対応した大型のガラス製を採用します。