東京地裁ではサムスン勝利、アップルの特許侵害の訴えを認めず

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年08月31日, 午後 02:06
0シェア
FacebookTwitter
東京では(ひとまず)サムスンが勝ちました。GALAXY S IIなどサムスン製のスマートフォンやタブレットが自社の特許権を侵害しているとして、アップルがサムスンに1億円の損害賠償を求めていた訴訟で、東京地裁はサムスンによる特許侵害を認めず棄却する判決を下しました。
東京地裁の訴訟でアップルが問題としていたのは、デバイスとPCのあいだでメディアファイルを同期する際の手法に関する特許。アップルはGalaxy S など8製品が侵害にあたると主張していました。しかし東海林保裁判長は、サムスンが製品で採用する方法はアップルの特許の範囲外であるとして、訴えを棄却する判断を示しています。

アップル vs サムスン / サムスン vs アップルの法廷闘争は世界中でさまざまな争点をめぐって続いており、先日にはアップルのお膝元サンノゼの連邦地裁で、アップル側の訴えをほぼ全面的に認め10億ドル超の損害賠償を命じる評決がありました。(記事:アップル対サムスン特許総称はアップル勝利、10億ドル超の賠償命じる)。逆に韓国では、双方に特許侵害を認める判決も出ています。国内ではまた別の特許をめぐる訴訟も続いており、今回の判決に対する控訴の可能性も含め、「日本ではサムスン1勝」で終わる話ではありません。

(更新中)

【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

0シェア
FacebookTwitter