Googleが新たなサービス「みらいサーチ」を開始しました。使い方、というより楽しみ方は音声検索に「ドラえも〜ん!」と泣きつくだけ。あとは勝手にドラえもんが選んだ「ひみつ道具」が広告枠に現れ、タップするとおなじみタケコプターやコピーロボットといった未来の道具と、いずれ未来のひみつ道具につながるであろう2012年現在の萌芽技術が紹介されます。ネタバレになってしまうので控えますが、たとえば通り抜けフープに対応する現在の技術は量子テレポーテーション。Androidの場合はそのまま、iPhoneではGoogle検索アプリをインストールすればアクセスできます。もちろん正式な新サービスではなく、ドラえもんの誕生日2112年9月3日まであと100年を記念したGoogle音声検索のプロモ企画です。

用意されたひみつ道具とリアル技術のペアは33個+α。引いたひみつ道具は「マイポケット」に納めてコレクションでき、10個で特別なひみつ道具がもらえるちょっとした遊びの要素もあります。ドラえもんが寄越すひみつ道具はカブリを考慮しないガチャ形式。33個コンプ式有料だったり恣意的な確変が入ったりしないので規制的にも安心です。