各社激戦を繰り広げるレンズ交換式デジタルカメラ市場においても、割り切ったサイズ感で人気の Pentax Q シリーズに新作 Q10 が加わりました。センサーサイズはもちろん今回も1/2.3型。1240万画素という有効画素数も変わりませんが、センサそのものは新型を採用しています。そのほか強化ポイントは AF の高速化など。ボディ前面にくっついたクイックダイアルも特長です。動画は1920x1080/30p・H.264形式。ストロボ、3型・46万ドットの液晶モニタを備えます。

といった基本仕様はさておき、文字通り目を引くのが、ペンタックス伝統となりつつあるオーダーカラー展開です。ボディに20色、グリップに5色、掛け合わせると都合100種類。うち3種(シルバー、ブラック、レッド x ブラックグリップ)はレギュラーカラーとなり、残りは受注販売となります。

発売はボディ単体とスタンダードズームキット(27.5-83mm相当)が10月半ば、新作の望遠ズーム(83-249mm相当/F2.8)もついたダブルズームキット11月上旬です。