ソニー サイバーショットRX1発表、35mmフルサイズセンサ採用コンパクトカメラ

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年09月12日, 午後 01:59 in cyber-shot
0シェア
FacebookTwitter

事前のうわさどおり、ソニーが35mmフルサイズ " Exmor " CMOSセンサを採用したカメラ製品 3カテゴリー3機種を一挙に発表しました。ラインナップはレンズ交換式デジタル一眼が α99 SLT-A99V、ハンディカムがNEX-VG900、そしてコンパクトカメラのサイバーショット DSC-RX1。いずれも各ブランドで最上位機種にあたる製品です。

サイバーショットRX1は35mmフルサイズ2430万画素のイメージセンサと、焦点距離35mm・解放F値F2の単焦点レンズ カールツァイス ゾナーT+ を組み合わせ、バッテリー含む本体重量 約482gに収めた製品。あくまでコンパクトデジタルカメラ「サイバーショット」の最上位機種であり、レンズ交換式ではありません。売り文句は「フルサイズならではの高画質を常に持ち歩きたい方へ」。

そのほか主な仕様は画像処理エンジンBIONZ、5コマ/秒連写、RAW(ARW, 14bit記録) / RAW+JPEG撮影対応、コントラスト検出AF式(およびマニュアル、AFとマニュアル微調整を組み合わせたDMF)、光学手ブレ補正なし、ISO感度は常用100 - 25600、拡張でISO50まで。また6枚連写を重ね合わせるマルチショットNRでは、コンパクトデジカメ最高の超高感度 ISO102400相当。動画はAVCHD v2.0 準拠の フルHD 60p対応。

本体は「無駄な造形を一切排除した「金属の塊」を想起させる」「道具としての本質を追及した」デザインのマグネシウム合金製。サイズは11.3. x 65.4 x 69.6mm。背面のモニタは3インチ122.9万ドットのエクストラファイン液晶(反射防止ARコート、RGBWで輝度を増すWhiteMagic技術)。

マルチインターフェースシューを搭載し、EVFキット FDA-EV1MK (希望小売価格4万4100円)などを装着できます。また49mm径のフィルタ・プロテクタを装着でき、別売りの偏光フィルタやNDフィルタを使用できます。記憶媒体はMS Duo またはSDカード(SDXC対応)など。


発売は11月16日。価格はオープン、市場推定価格25万円くらい。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: cyber-shot, cyber-shot rx1, Cyber-shotRx1, rx1, sony, sony rx1, SonyRx1
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents