ソニーが新作ウォークマン S770 と F800 を発表しました。薄型ワイヤレスな S770 はさておいて写真の F800 を解説すると、こちらは Android 搭載ウォークマンの新機種。初代 Android ウォークマン Z1000 よりコンパクトな3.5型ディスプレイを搭載しています。解像度は800x480。1GHz 動作の Tegra 2 を採用し、メモリは512MB。カメラこそありませんが、あとは 802.11b/g/n WiFi、GPS、Bluetooth、FMラジオ、モノラルスピーカーと一通り備え、ちゃんと Google Play Store にも対応しています。

ウォークマンらしさの部分で言えば、フルデジタルアンプ S-Master MX やデジタルノイズキャンセリング機能、スピーカーとイヤホンの両方で利用できる高音質化技術「クリアフェーズ」、専用アプリ W.ミュージックに、音楽操作専用の W.ボタン など。連続動作時間は音楽再生時で25時間。ちなみに写真の横長な物体は専用スピーカーで、同梱モデルが用意されます。

プラットフォームは Android 4.0。さらに今後もダイレクト録音や nasne 連携も兼ねた DTCP-IP 対応、DLNA Throw 対応などのアップデートが予定されています。また Xperia 勢を後目に、Z1000 にも Android 4.0 や同等機能を提供するアップデートが配信されるとのこと。出して終わりの Android 端末が多いなか、なかなか嬉しいお知らせです。

推定価格は16GBモデルが2万円、32GBで2万5000円、64GBで3万5000円。前述のスピーカー付きで3000円増し(16/32GBモデルのみ)。Bluetooth ヘッドホン同梱モデルもあって、こちらは16GBのみで2万6000円です。発売日は10月20日。

また嬉しいお知らせといえば、連携する音楽ストア mora が前後して10月1日にリニューアルされ、DRM が撤廃されます。これにあわせてデータは ATRAC から AAC 形式となり、たとえば買った曲を iPhone や iPod にも転送して聞けるということに。音質も 320Kbps へと改善されます。また Android ウォークマンからは WiFi 経由で直接購入も可能。ただし ATRAC から AAC へのアップグレード予定はなしとのこと。ちなみに定額制の Music Unlimited という選択肢もあります。