バッファローから左右分離式Bluetoothキーボード、iOS / Android / PC / Mac配列可変

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年09月26日, 午後 12:27 in bluetooth keyboard
0シェア
バッファローが Bluetooth キーボードの新製品 BSKBB14 シリーズを発表しました。今回の趣向は左右が分離するセパレート式。分離させて重ねれば幅が半分の約15cmになり楽に持ち運びができ、使用時にはマグネットで合体できます。一般的な折りたたみ式と比較した利点は、ヒンジがなく構造が単純で壊れにくいこと。

Bluetooth の規格はv3.0に準拠し、PC / Mac のほか iOS、Androidにも対応します。ユニークなのはファンクションキーとZ / X / C / V の各キーを押すことで、各OSに応じたキー配列になること。配列を表示にあわせて変えることで、キートップの印字と実際に入力される文字が違って戸惑うことがありません。

またスマートフォン用の小さな折りたたみスタンドを本体に内蔵(収納)するのもおもしろい点。ただしサイズ的に「iPadやタブレットPCには使用できません」の注意書きがあります。バッテリーは内蔵リチウムイオン電池で約3か月駆動 (一日8時間電源ON、うち25%をキーボード操作した場合)。

そのほかの仕様はキーピッチ 19mm・キーストローク 1.5mm の67鍵 アイソレーション式、メンブレンスイッチ、本体重量 約370g、厚さ約11mm (折りたたみ時 22mm)、白と黒のカラーバリエーションなど。発売は10月上旬、価格は税込み 9765円。
 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: bluetooth keyboard, BluetoothKeyboard, buffalo, keybard
0シェア

Sponsored Contents