来たる電子書籍サービスあれば、去る電子書籍サービスあり。新規タイトルが増えるたびに話題を集める kobo の裏で、同じ楽天が提供する電子書籍サービス Raboo が2013年3月末に終了します。正確にはコンテンツの販売が1月22日までで、購入済コンテンツのダウンロードが3月末まで。Raboo はパナソニックの UT-PB1と、ソニーの Reader で利用できるサービスで、UT-PB1 発売にあわせて昨年8月に開始となったばかり。実質、一年ほどでの幕引きとなります。

楽天は Raboo を手にしたアーリーな方々むけの「感謝の気持ち」として、本日の午前11時までのコンテンツ購入代金の 10% を楽天スーパーポイントでプレゼントするとのこと。あわせて UT-PB1 利用者には全員に200ポイント、Reader 利用者には本日の午前11時までにコンテンツ購入実績があればやはり200ポイントを提供します。さらに本日の午前11時までに1000円以上の購入実績があれば、kobo touch を3000円引きにするほか、kobo 購入で Raboo でのコンテンツ購入代金の 40% をまたまたスーパーポイントでプレゼント。

ちなみに残されるほうの UT-PB1 はアップデートで紀伊国屋 BookWebPlus や BookLive!、eBookJapan といった各種ストアにも対応済。Reader も Reader ストア他に対応しますので、まあ全く使い道がなくなるという心配はありません。とはいえ DRM 緩和の続く電子音楽分野と異なり、電子書籍分野ではまだまだ DRM が横行している以上、Raboo 利用者ではなかったという人も電子書籍を買うときは長生きしそうなストアを選ぼうと思わされるニュースです。