Google、サービスの統廃合をさらに推進。有料ストレージの扱い変更など

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年10月1日, 午前 06:14 in google
0シェア
FacebookTwitter


昨年秋に始まった Google の大掃除は、かれこれ60近いサービスや製品を統廃合してまだ続きます。今回終了と統合が発表されたのは、RSS内に広告を埋め込む Adsense for Feeds や、ウェブマスターツール内の+1 Reports などのサイト運営者向け、またPicasa とDrive で使える有料ストレージプラン変更などユーザー向けを含む8項目。終了するサービスでも、+1レポートは Google アナリティクス内のソーシャルレポートに、検索傾向分析のInsights for Search は以前から役割がかぶっている Google トレンドの機能強化として統合など、多くはなんらかの代替が用意されています。

ユーザー向きの変更としては、Google Drive の正式サービス開始でレガシーになっていた Google Storage の扱いの変更があります。Google はドライブ以前から有料の追加ストレージ容量を提供していましたが、それとは別にサービスごとに無料のストレージが与えられたり、共用できたりできなかったりとややこしい状態でした。

今後のストレージの扱いは「Google Drive と Picasa で5GBの無料ストレージを共用する」かつ、「有料のストレージプランを購入すると、その容量が総ストレージ容量の上限になる」。つまり100GBプランを買うと、100GB + 従来の無料分ではなく、上限が100GBになります。(「100GB追加プラン」から「100GBにするプラン」になる)。

無料ストレージと有料の追加ストレージを両方ともぎりぎりまで使っていたユーザーは変更によって上限を超過してしまう計算になりますが、変更時点で実際に上限近い容量を使っているユーザーについては、変更後もデータを消去されることなく同じ容量が使えるとのこと。たとえば現時点の上限が無料5GB + 有料20GBの計25GBで、20GBよりも多いデータを保存している場合など。ストレージの変更は今後数か月をかけて実施される予定。

そのほか整理対象になったのは:

・Classic Plus (Google検索の背景を自前アップロードの画像に変えられる機能。新規アップロードの受付停止)
・Android アプリの Places Directory (Google Play での配布を終了。Google Maps にローカル情報も統合されたため)
・スプレッドシート ガジェット (スプレッドシートの機能向上で多くの役割を吸収できるようになったため)
・Google News バッジ (米国の Google News で提供していた、ニュースを読むことで分野ごとに与えられる勲章のような「バッジ」ウィジェット。Google News サービスそのもののカスタマイズは引き続き可能)。

詳しくは Official Google Blog の記事で参照できます。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: google, Google Drive, google news, GoogleDrive, GoogleNews, picasa
0シェア
FacebookTwitter