モトローラRAZR M / ソフトバンク201M発表、4.3インチ有機ELの薄型端末

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年10月9日, 午後 02:52 in android
0シェア
FacebookTwitter

ソフトバンクがモトローラ製Androidスマートフォン RAZR M を国内向けに発表しました。RAZR M は4.3インチqHD の有機ELディスプレイを搭載しつつ、狭いベゼルやケブラー素材の採用により、幅6.1mm・厚さ8.3mm〜(※)・重さ128gとスリム&コンパクトな端末。 (※ ブラックは8.3mm、ホワイトは8.8mm)。

また本日の冬春モデル発表会で披露されたほかのスマートフォンと同様、下り最大76Mbps「ソフトバンク4G」形式(AXGP, TD-LTE互換) に対応。テザリングオプションも利用できます。また無線まわりではWiFi が a/b/g/n 対応。ソフトバンクが自社WiFi スポットの優位としてさかんにアピールする5GHz帯に対応します。NFCは非搭載。

主な仕様は 4.3インチ960 x 540 有機ELディスプレイ(コーニング Gorilla glass 2)、Snapdragon S4 MSM8960 (1.5GHz " Krait" 2コア)、1GB RAM、8GB 内蔵ストレージ、microSDHCスロット。802.11 a/b/g/n 、Bluetooth 4.0。カメラは背面800万画素 / 前面30万画素。プラットフォームはAndroid 4.0、後日4.1にアップデート予定。グローバル端末らしく、国内向け需要の IrDA や ワンセグには対応しません。発売は10月下旬以降。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, motorola, razr, razr m, RazrM, softbank, softbank 201m, softbank 4g, Softbank201m, Softbank4g
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents