アップル、アップデートでOS X 10.7 以降からJava プラグインを除去

EngadgetJP Staff
EngadgetJP Staff, @engadgetjp
2012年10月23日, 午前 09:11 in apple
0シェア
FacebookTwitter


アップルは、OS X Lion v10.7とOS X Mountain Lion v10.8向けに、Javaのセキュリティアップデート Java for OS X 2012-006 を公開した。適用するとすべてのブラウザからJavaプラグインが削除され、Javaアプレット部分には「Missing plug-in」メッセージが表示されようになる。


もちろん、オラクルから直接Javaプラグインをダウンロードすることは可能だが、今後Javaの使用に関してはユーザーの判断に委ねられることになる。アップルはセキュリティ対策の一環として、オラクルとさらに距離を置くという選択を選んだようだ。


By Nicole Lee 翻訳:日本映像翻訳アカデミー)
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, apple os x, AppleOsX, applet, browsers, java, java applet, java software, java update, JavaApplet, JavaSoftware, JavaUpdate, mac, mac update, MacUpdate, oracle, oracle java, OracleJava, os x, os x lion, os x mountain lion, OsX, OsXLion, OsXMountainL, OsXMountainLion
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents