Android 42's Photo Sphere camera takes on iPhone's panorama mode

Google が 発表した Android 4.2 はコードネームこそ Jelly Bean のまま変わりませんでしたが、マルチユーザー対応やワイヤレスディスプレイ出力など飛び道具的な新機能も追加されています。 インタラクティブなパノラマ写真が撮れる Photo Sphere もそのひとつ。Androidデバイスを上下左右に動かしつつ撮影することで、左右に360度だけでなく、見あげたり見下ろしたりもできるパノラマ写真が撮れる機能です。実際のデモは続きの動画をどうぞ。

カメラを動かして撮るパノラマ写真はソニーが古くからアピールするスイングパノラマや各社カメラの機能、あるいはスマートフォンアプリやPCアプリ、ウェブアプリなど以前からさまざまな試みがあり、iOS 6 でもカメラアプリの機能に追加されていました。

Android 4.2 カメラアプリに加わる Photo Sphere は「写真球」の名のとおり、左右にぐるっと360度だけでなく、見あげた空や足下までを含めることが可能。撮影したパノラマ写真はちょうどGoogle のストリートビューのように、標準ギャラリーでぐりぐりと視点変更して楽しめます。

またPhoto Sphere で撮影した写真は一般的なJPGファイルと、写真そのものに埋め込まれた公開規格のXMLメタデータで構成されるため、通常の写真ファイルと同様にメール送信やGoogle+ 共有などが可能。Google Map に公開できるほか、Android以外のプラットフォームでも(解釈するビューアを作れば)パノラマとして楽しむことができます。