海外版レビュー:モトローラ Droid RAZR HD & RAZR MAXX HD、復活RAZR 二代目のフラッグシップ端末

EngadgetJP Staff
EngadgetJP Staff, @engadgetjp
2012年10月29日, 午後 03:10 in android
0シェア
FacebookTwitter


日本のキャリアは扱わないグローバル端末や海外事情をもっと読みたい!との声にお応えして、英語版の本家 Engadget から直送の「海外版レビュー」をお届けします。Droid RAZR HD / RAZR MAXX HD は、Google 傘下になったモトローラ製 Android 端末 Droid シリーズのフラッグシップ端末。かつて薄さで一時代を築いた" RAZR " ブランドを Android で復活させた初代 Droid RAZR に続く2代目モデルにあたります。ケブラー繊維素材の採用や、同一仕様で大バッテリーの MAXXモデルなどユニークな端末ですが、 国内キャリアからは発表されていません。)

(以下は 米国版 Engadget の Droid RAZR HD and RAZR MAXX HD review を翻訳したものです。)


昨年、モトローラがRAZRブランドをアンドロイド搭載のスマートフォンとして復活させたときには、我々はまだ、新生RAZRがこの会社の新しい顔になるとは思っていなかった。初代 Droid RAZR は、ある程度の成功を収めはしたが、市場を揺るがすほどの人気は得られなかった。

しかしいま思えば、RAZR が再びモトローラの看板商品になったのは理にかなっている。昨年のモデルには大きな驚きこそなかったものの、高級感溢れるスタイルとパフォーマンスを兼ね備えた製品は、同社にとっては大きな前進を意味していたのだ。

あらたに発表された RAZR HD MAXX HD は、それまでの基本理念は貫きつつも、不満が多かったディスプレイとバッテリーが大きく改善された(バッテリーについては、2012年初頭に発表されたRAZR MAXXでも劇的に改善されていた)。最新のRAZR携帯は昨年の先代と比べて、また現在のライバルに対してどこまで張り合えるのか、2台の特徴を以下にまとめた。


ハードウェア



RAZRシリーズといえば、なんといってもデザインとハードウェアだ。HDシリーズも例外ではなく、以前のものよりもレベルはさらに向上している。背面に使われているのはケブラー繊維。黒とグレーの長方形がヘリンボーン模様となっており、とても滑らかで継ぎ目を感じさせない。本体を普通に手にしたときは、背面中央にある小さなロゴが感じられるのみで、気になる出っ張りはない。

ロゴの上にはスピーカーと8メガピクセルのカメラが位置している。注目すべきは Droid RAZR HD では、ついにカメラ部分の出っ張りがなくなったことだ。といっても、まだわずかに傾斜は残っているが、センサー部分に明らかな膨らみはない。

本体の厚さは8.4㎜で、スリムにデザインされている。前機種 Droid RAZR の7.1㎜に比べると少し厚くなっているが、それは後述するように2500mAhの大容量バッテリーによるものだ。

MAXX HD の厚みは9.33㎜。こちらはさらに大きな3300mAhという魅力的なバッテリーを搭載している。両者の違いは、バッテリーの容量と内蔵ストレージ(16GBと32GB)、そして199ドル(RAZR HD)と299ドル(RAZR MAXX HD)という価格で、それ以外はまったく同じ仕様だ。



本体の側面はアルミで縁取られ、様々なポートやボタンが配置されている。本体上部はヘッドホンジャックのみ。本体の左側面にはmicro SIM / micro SDカードスロットと、Droid RAZRでは本体上部にあったHDMIとマイクロUSBポートが並んでいる。右側面には電源とボリュームキーがあり、操作したときの感触も良い。ディスプレイの上部には近接センサーや照度センサー、ビデオチャットやセルフポートレートが可能なHDカメラがある。さらにMOTOROLAロゴとイヤピース(スピーカー)のあいだには通知LEDバーが搭載されている。



まるでレンガのような重厚感がある

前面は端から端まで一枚の Gorilla Glass が覆っており、プレミア感のあるデバイスとなっている。まるでレンガのように中身が詰まった重厚感、緻密感がある。Galaxy Nexusとほぼ同じサイズ、重量だが、同時に手に持って比べるまでは、Galaxy Nexusよりも重いように感じる。

また RAZR HD と MAXX HD は、Galaxy S IIIと HTC One Xよりも横幅が狭いが、不思議と少し大きく感じる。素材と作りでは、RAZR HD / HD MAXX は HTC Oneシリーズや iPhoneクラスとまで言えるほどの出来栄えだ。しかし長く手にしていると、デザイン上のわずかな不便さがますます明らかになってくる。モトローラがエルゴノミクスに気を使わなかったのか、片手で操作するのがやや難しいのだ。筆者の場合、ロックキーを楽に押せるようにしつつ、同時に画面の端まで親指が届くような持ち方はできなかった。





新 RAZR のもっともうれしい変更のひとつは、間違いなくディスプレイだ。本体のサイズを変えることなく、4.3インチのqHDから、4.7インチの1280 x 720になった。有機ELディスプレイの種類は HD Super AMOLEDのため PenTile配列を採用しているが、映りは悪くない。Optimus Gや One Xに見られる素晴らしい液晶と互角とまではいわないが、少なくともGalaxy Nexusと同等だとは言えるだろう。

色彩は明るく鮮やかで、暗所は光を吸収してしまうかのように沈んでいる (やや不自然かもしれないほど)。しかし、(ppiの低いPenTileだと目立った) エッジのギザギザは分かりにくく、視野角は並外れて広い。直射日光もほとんど問題にならない。

しかしもっとも驚かされたのはスピーカーフォンだ。大きくはっきりとよく聞こえ、Engadget編集部がここ数年試したうちでも最高のひとつに入る。しかも、VerizonのLTEとCDMAに加えて、RAZR HDとMAXX HDはGSM 850/900/1800/1900帯とHSPAの同周波帯、および2100MHzもサポートしているので、世界中で使用できる。

パフォーマンスとバッテリー寿命

新機種の売りはバッテリー駆動時間

他メーカーが革新的なカメラやクアッドコアプロセッサ、スタイラス対応を武器にするなか、モトローラが新機種の売りにしたのはバッテリー駆動時間だ。その第一弾ともいえるのが"特大容量バッテリー"を搭載していた先代の Droid RAZR MAXX だ。

今回のDroid RAZR MAXX HDのバッテリー容量は、Droid RAZR MAXXの時と同じ3.300mAh。ノーマル版のDroid RAZR HDでは、2,500mAh。昨年発売の先代モデル Droid RAZR では1780mAhだった。

圧倒的に容量が大きくなったので、普通に使う分には一日は持つし、画面に気を使えば優に二日は持つ。

画面の明るさ50パーセント、WiFi と GPSをオンにした状態で動画をリピート再生する編集部の標準バッテリーテストでは、Droid RAZR HDは10時間42分駆動。ほとんどのタブレットよりもバッテリーが保った。

大容量バッテリーを載せた MAXX HD の方は、14時間4分間も動き続け、逆にテストするこちらの忍耐力を試されてしまった。初代 Droid RAZR MAXXの連続通話時間21時間30分という、伝説的な数字にこそ及ばないが、ほとんど類を見ない長時間駆動だ。さらに、両機ともモトローラが公式に発表した数字よりも、1時間近く長くもちこたえた。

デュアルコア1.5GHzのSnapdragon S4はもはや最先端ではないが、携帯を快適に使うには十分以上だ。ユーザーインターフェイスの操作は滑らかで、ほとんどのアプリがすぐに立ち上がる。『Dead Space』や『Grand Theft Auto III』のような3Dゲームも、この新しいRAZRシリーズなら問題ない。 気になったのは、キーボード入力の反応速度が遅いこと。文字の表示がタイピングに追いつかないことが何度もあった。Chromeのようにメモリを大量に使うアプリではより遅く感じられる。

表:各ベンチマークアプリによる測定結果


Droid RAZR HD & MAXX HD Motorola Droid RAZR M Galaxy S III (Verizon)
Quadrant 4,982 4,944 4,937
Vellamo 2.0 1,631 1,648 1,627
SunSpider 0.9.1 (ms) 1,914 1,951 1,740
AnTuTu 6,674 6,364 6,857
GLBenchmark 2.5 Egypt Offscreen (fps) 13 13 13
CF-Bench 9,547 9,392 9,375
(SunSpiderのスコアは低いほうが高速)

ベンチマークにおいては期待どおり。同じデュアルコア1.5GHz版 Snapdragon S4を搭載した他社の機種の多くに引けを取らない。SunSpiderの1914ポイントはなかなか。ただしサムスンやモトローラの同等スペック機種が過去にもっと速い速度を出したことを考慮すると、意外なほど高い。

SunSpider を除けば、ベンチマークにとりたてて驚きはなかった。Galaxy Note II や Optimus Gといった現在の超ハイエンド機種は、新RAZRシリーズよりも高性能だ。しかし、もっとも要求の厳しいユーザーでさえ、そこまでの処理能力が頻繁に必要になることは少ないだろう。

一般的なユーザーにとってもっと重要なのは通信速度だが、RAZR HD / MAXX HDは期待を裏切らない。通信速度の平均値は、下り約17Mbps、上り約14Mbps(ニューヨーク周辺で、オンピークとオフピークを調査)。また、通話品質も、小型の兄弟機である RAZR Mの残念なパフォーマンスと比べれば、驚くほどクリアだった。


カメラ

モトローラは DROID X(米国で2010年7月発売)以来、カメラの性能をさほど変えていない。とはいえ、画期的なほどではないが確実に進化はしている。「新製品は期待外れだった」と言っているのではない。むしろその逆だ。

モトローラの携帯端末は常に高性能カメラを搭載してきており、新製品のDROID RAZR HD、DROID RAZR MAXX HDも例外ではない。MOTOROLA RAZR M、DROID RAZR、DROID BIONICの他、2010年以降に発売したフラッグシップ携帯と同じく約800万画素のカメラを搭載している。

画素数の増加はないものの、よりクリアで鮮やかになっている。日中の屋外で撮影した画像は明るく鮮やかで、多くのコンパクトカメラに匹敵するクオリティだ。室内や人工照明の下でもかなり良い (が、フラッシュはどうしても必要なときまで使わないことを薦める)。

インターフェースはどうか? 表示は以前よりすっきりし、応答性も向上している。気に入った機能のひとつは、照明の条件が悪い場合、自動で認識してHDRモードへの切り替えを促してくれることだ。

動画の質は静止画に比べやや劣るが、欠点にはならない。動画中の影となった部分にはノイズが見られるが、適度に鮮明であり、色鮮やかだ。動画における最大の難点は手ブレ補正がないことだろう。ノキアのLumia 920のようにとは言わないが、手ブレをいくらかでも抑える機能が欲しかった。撮影した動画の音声は優れている。上の動画で確認できるが、車の騒音や風音は周囲のぼやけた雑音へと抑えられ、レビュアーの解説は大きく明確に聞こえる。

ソフトウェア




Droid Bionic の例外を除き、モトローラは新機種を発表するたびに、ユーザー体験を劇的に改善してきた。つまり余計な独自要素を除いて、素のAndroidにより近くなってきたのだ。新 Droid RAZR HD / MAXX HD の UI は Atrix HDやDroid RAZR Mと同じく、Ice Cream Sandwich(Android 4.0.4)にわずかな変更を加えたものだ。

ホーム画面を右へスライドすると、よく使う設定メニューへ素早くアクセスできる Quick setting が現れ、WiFi, GPS, BluetoothなどのON/OFF切り替えが簡単にできる。左へスライドすればホーム画面の操作が可能になる。ホームは1から7画面まで増やせる。また端までスライドし続ければ、新しいページの作成や既存のページの削除、並べ替えができる。

また新しいページを追加する際、あらかじめウィジェットやアイコンが配置されたテンプレートを利用することも可能だ。ただし当初はメディアとオフィスをテーマにしたものしかなく、選択肢はそれほどない。今年の後半に期待されているJelly Bean(Android 4.1)へのアップデートが実現すれば、改善されるだろう。



残念な点は、余計なアプリが数多くプリインストールされており、しかも削除ができないことだ

標準のUXにはほかにもちょっとした変更がある。アプリトレイにお気に入りのタブが追加されるなど。ただこれはホーム画面があるので余計にも感じられる。評価できる点は、ロック画面からカメラだけでなく、電話やメッセージも直接開けることだ(右へスライドするとロック解除)。また、バイブ設定に関するアイコンの復活も歓迎すべき点といえる。Gingerbread(Android2.3)では削除された機能だ。他にもプルダウン式の通知がステータスバーを隠さないように変更された。


残念な点は、余計なアプリが数多くプリインストールされており、しかも削除ができないということだ。Verizon関連に加え、アマゾンのKindleや写真共有サービスアプリColor、 NFL Mobile、ゲームアプリ『Modern Combat 3』や『Real Racing 2』、Slacker Radioなどが始めからインストールされている。それでも、もっと大量のアプリが詰め込まれているDroid RAZR Mほどひどくはない。とはいえ、やはり初期状態では必要不可欠なアプリ以外は、インストールされていない方が好ましい。ユーザーはどのアプリが必要で、何が不要なのか自分で判断できるのだから。しかし、通信業者が何も搭載しないのが一番だと理解しない限り、この状態は改善されないだろう。


まとめ



「もっとも改良された端末」に与える賞があるとすれば、RAZR HD に授与したい。モトローラは昨年発売した Droid RAZR で、かつての特徴であった最先端でハイエンドなハードウェアの復活に取り組み始めた。いまだ完璧の域に到達したとは言い難いが、確実に正しい方向に進んでいるといえるだろう。

そして最新の RAZR HD と MAXX HD では、前モデルで要求があったほとんどの仕様や機能に対処している。もっとも顕著なのは、端末自体のサイズを変えることなく、画面の大きさを4.3インチ(960 x 540ピクセル)から4.7インチ(1280 x 720ピクセル)にしたことだ。

本体デザインについては、機能性を優先している箇所もあるが、それでもすでにプレミア感のあった前モデルから、さらに高級感あふれる一品にしてのけた。

実をいえば、バッテリー駆動時間を例外として、スペックはこの製品にとって重要ではない。確かに、NFCやスピーディーなデュアルコアプロセッサー、1GBのメモリーや800万画素のカメラはそれなりに良い。しかし RAZRシリーズは、背面を覆うケブラー繊維や画面を端まで覆うガラスパネル、その間で本体を守るアルミといった素材にこそ価値があり、魅力があるといえるだろう。加えて、端末には撥水コーティングが施されており、大切なスマートフォンを守ってくれる。

多少の無骨さを我慢できれば、最新の RAZRは数あるスマートフォンの中でも有力な購入候補となりえる製品だ。両機種とも驚く程バッテリーの持ちが良く、十分以上の性能を備えている。実際、1日で MAXX のバッテリーを使い切るのは難しいだろう。

最後に価格について考えたい。もし MAXX が299ドルではなく199ドルであれば、その魅力がさらに増すのは間違いない。ストレージの容量が32GBでバッテリーの寿命が3時間長いという理由だけで、16GBの RAZR HD と100ドルも価格差があるというのは、いささか納得できない気がする。しかしそれでもGalaxy S III や iPhone 5と、Verizon のプレミアム端末として張りあえる機種であることは間違いない。年内予定の Jelly Bean アップデートでさらに立場は良くなるだろう。


By Terrence O'Brien 翻訳:日本映像翻訳アカデミー)
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, android 4.0, android 4.0.4, Android4.0, Android4.0.4, droid razr, droid razr hd, droid razr maxx hd, DroidRazr, DroidRazrHd, DroidRazrMaxxHd, google, Ice Cream Sandwich, IceCreamSandwich, ics, mobilepostcross, motoro, motorola, motorola droid razr, MotorolaDroidRazr, REVIEW
0シェア
FacebookTwitter