Apple posts revised 'Samsung did not copy' statement

裁判官に「呆れて言葉が出なかった」「明らかな命令違反」と書き直しを命じられて約2日。当初必要だと主張していた2週間よりずいぶん早く、英アップルが「反省文」を再び掲載しました。中身はずっと短くなり、命令に含まれていなかった恣意的な判事コメント引用や、他国での裁判結果のうち有利だったものだけを紹介して英国が異常であるかのような印象を与える文章はばっさりカットされています。
また Apple.com/uk/のトップページにも、フッタのさらに一番下という位置ではあるものの、「アップルは10月25日にサムスンの GALAXY タブレットについての声明を掲載しましたが、内容は不正確で、裁判所の命令に従っていませでした。訂正した声明はこちら」と、前回の文章が誤りだったことも告知しています。判事にわざわざ指定されたためか、今回は最小フォントサイズではなくまともに読める大きさです。
Here's Apple's newly printed apology to Samsung, in case you understandably missed it

今回のステートメントの文面は、裁判所の命令により今週英国の主要新聞や雑誌に掲載された広告とおなじもの。自社サイトトップでの告知は、これから12月14日まで掲載され続けることになります。