【画像】【自画撮り】火星探査車 Curiosity【高画質】

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年11月4日, 午後 05:15 in Curiosity
0シェア
FacebookTwitter
DNP Visualized Curiosity rover selfportrait

地上ではドコモが自画撮りメガネ端末なる怪発明を披露する一方、数千万kmを隔てた火星で今日も探索を続ける火星探査車 Curiosity からは約40Mピクセルの自画撮り画像が送られてきました。地上で試験中にエンジニアが撮影しましたと言われても信じられる一枚ですが、Curiosity が搭載する17台のカメラのうちひとつ MAHLI (Mars Hand Lens Imager) を使い、55枚の高解像度写真を合成して得られた画像です。
場所はキュリオシティが降り立った Gale クレーター内。背景右は約5kmの高さの Mount Sharp、左手は Gale の内壁。手前の穴は、今回のミッションで初めてサンプルを採取した跡。

「自分撮り」はこうして地上向けに仕事してますアピールをすること(だけ)が目的というわけではなく、埃の蓄積などセンサーでは分からない影響をNASAの研究者が精査するために撮影されています。

JPG で約3.8MB、TIFFで124.5MBのフル解像度はリンク先のNASAから。高解像度で見ると、画像左上のマストカムに映り込んでしまった撮影者の姿が見られます。

[Image credit: NASA/JPL-Caltech/Malin Space Science Systems]

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Curiosity, mars, nasa
0シェア
FacebookTwitter