Google ドキュメントの文書を開いたまま、ウェブを検索して結果を挿入できる「リサーチツール」がアップデートした。今回のアップデートで、文書のみの対応だったリサーチツールが、プレゼンテーションや図形描画でも使用可能になった。また写真など個人コンテンツの検索と挿入機能が加わった。
このアップデートにより、Picasa やGoogle ドキュメント、Google+ といった自分が使用しているサービスからデータの検索が可能になった。例えば Google Drive 上でプレゼンテーションを編集しているときに、ウィンドウを切り替えることなく Picasa のウェブアルバム内にある写真の挿入や、Google+ の友人のコメントの引用ができる。

残念ながら、この機能は個人のデータを対象としているため、ビジネス向けのサービスである Google Apps のユーザーは、ウェブコンテンツの検索のみに限られる。しかし、Google の提供するサービスをフルに活用している個人にとっては、この新機能を利用し時間の節約が期待できる。

(By Mark Hearn 翻訳:日本映像翻訳アカデミー)