ThinkPad 20周年記念モデルは500台限定、江戸銘木箸と豊岡鞄の専用ケースつき

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2012年11月6日, 午後 05:14 in Lenovo
0シェア
FacebookTwitter

松花堂弁当の箱がデザインコンセプトだった初代モデルの発売から20年。四角く角ばった弁当箱スタイルや、IBMのロゴ、開発拠点だったIBM大和事業所、そして伝統の7列キーボードも姿を消してしまいました。しかし、黒い筐体と赤いトラックポイントがあるかぎり ThinkPad は健在です。レノボが ThinkPad 20周年記念モデル「ThinkPad X1 Carbon 20th Anniversary Edition」を日本限定で発売します。数量は500台限定。11月13日より予約受付を開始し、12月下旬より出荷します。

記念モデルは、8月に発売されたThinkPad X1 Carbonの最上位構成をベースとして、キーボード上部に「20th Anniversary Edition」の表示と、ディスプレイの左ヒンジ部分にシリアルナンバーを記載。NECの米沢工場で生産する、底面には「Made in Japan」の文字もあります。主な仕様は Core i7-3667U プロセッサ、8GB RAM、256GB SSD、OS に Windows 8 Pro など。
 

また特典として、銀座夏野・江戸銘木箸職人の手による青黒壇の箸と、兵庫県豊岡市の「豊岡鞄」を生産する松下ラゲッジ製の専用ケースも付属。ThinkPadのルーツである日本の伝統を感じさせる構成となっています。

予約受付は、レノボの直販サイトおよび、コジマ、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラのの各店舗にて11月13日から。500台の完全受注生産となります。




 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Lenovo, Lenovo Thinkpad, LenovoThinkpad, thinkpad, Windows 8, Windows8
0シェア
FacebookTwitter