シャープ、IGZO採用の32型4K2Kディスプレイ PN-K321を発表。DisplayPort / HDMI 一本で接続

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年11月28日, 午前 11:28 in IGZO
0シェア
FacebookTwitter

シャープが32インチの4K2Kディスプレイ PN-K321を発表しました。特徴は3840 x 2160 の高精細と、シャープ自慢のIGZO液晶を採用すること。シャープいわく、IGZOにより専用設計のエッジ型LEDバックライトの採用が可能になり、30型以上の4K2Kディスプレイとして最薄の厚さ約35mmを実現したとのこと。
IGZOについては携帯電話での初採用機 AQUOS Phone ZETA 発表時の記事をどうぞ。要は新素材で明るく消費電力の低い液晶ディスプレイを作れる技術で、明るさを保ったまま高精細にしたり(格子が細いため密になっても明かりが通るイメージ)、バックライトユニットやバッテリーを薄く本体を小型化・薄型化できます。

ディスプレイとしての仕様は対角32インチ 3840 x2160ピクセル、約10億色表示、輝度250cd/m2(標準)。入力系統はDisplayPort x1 と HDMI x2。また2W+2Wのステレオスピーカーと3.5インチステレオミニ音声出力、RS-232Cも備えます(RS-232Cは3.5mmミニジャック変換ケーブルを同梱)。ファンレス設計で24時間連続運転にも対応。

入力はDisplayPort マルチストリームならば一本で3840 x 2160 @60p に対応。HDMIでは一本で3840 x 2160 @30p、2本なら60p。

シャープでは映像製作やCAD、金融など、業務用途を想定しています。発売は2月15日。価格はオープン、店頭予想 45万円くらい。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: IGZO, sharp
0シェア
FacebookTwitter