Dropbox 20 launches for iOS with new Photos tab and a streamlined UI


iOS 版の Dropbox アプリがキリのいい v2.0 にアップデートしました。主な更新点はフラットな新デザインの採用、および [写真] タブの追加。iPad 版の UI も同時にアップデートされています。

写真タブでは、Dropbox のカメラアップロード機能を使って転送した写真を時系列順に一覧できます。iOS や Android の Dropbox アプリには写真を撮るそばから自動でアップロードする機能がありますが、そのほかPCの Dropbox アプリでカメラやSDカードなどから自動アップロードした写真もまとめて一覧・全画面表示・共有が可能です。





写真タブに並ぶのは「カメラアップロード」機能でアップロードしたか、Camera Upload フォルダに手動保存したもののみ。Dropbox 内の別のフォルダに保存した写真は並びません。

[写真]が新設された一方、これまであった[アップロード]タブがなくなり、フォルダ一覧から直接「ここにアップロード」を選ぶ仕組みになりました。ルートを含む任意のフォルダで、画面右上の「+」アイコンから Upload Here または フォルダ作成を選択できます。

(日本語では「Upload Here」がなぜか「こちらからアップロード」になっていて混乱しますが、意味的には「ここに」アップロードです)。

新デザインは最近の流行に従い、さらにシンプル&フラットでクリーンになりました。アイコンも「箱」にグラデーションがない平坦なものに変更。アプリ内もすっきりとコンテンツの表示量が多くなり、アイコンのテキストラベルが消えるなど「クリーン」になっています。


Dropbox (App Store)