デラウェア州連邦地方裁判所は12月13日、アップルの iPhone が米 MobileMedia Ideas の特許3件を侵害しているとの評決を下したと、米ブルームバーグが伝えた。MobileMedia Ideas は、ソニーとノキア、そしてMPEG特許をライセンス提供する MPEG-LA が、各社の特許を管理するため2010年に設立した会社。

今回の評決に先立ち今年の11月には、MobileMedia Ideas がアップルに対して起こした画面回転技術に関する特許侵害の訴訟を、アップルが不服としてデラウェア州連邦地裁に棄却を求めていたが、その訴えは却下されていた。なお、連邦地裁は、iPhone に採用されている画面回転と通話拒否の各機能が、ソニーとノキアの特許侵害に当たるかどうかは陪審員による評決が妥当との判断を示していたが、今回の評決には画面回転技術に関する特許は含まれていない。同地裁の陪審員団は1週間の審理の後、4時間にわたって評議した結果、MobilMedia Ideas が保有する3件の特許は無効ではないとの結論を出した。同社CEOのラリー・ホーン氏は評決後の法廷でインタビューに応じ、「特許侵害が認められて大変うれしい。正当な判断だったと思う」とコメントした。同社は2010年に14件の特許が侵害されたとしてアップルを提訴していたが、このうちの3件が訴訟の対象として審理され、今回の評決に至った。アップルの iPhone が侵害したと認定された特許は、通話処理に関する特許 (米特許番号6,070,068) と、通話拒否に関する特許 (米特許番号6,253,075)、カメラ付き携帯電話の技術に関する特許 (米特許番号6,427,078)の3件。

現在300件以上の特許を管理するMobileMedia Ideas は、「パテントトロール」とも呼ばれ、数々の特許侵害訴訟を提起している。カナダの携帯端末メーカー RIM や台湾の HTC を相手取り、それぞれ12件と11件の特許に関する訴訟を起こしており、現在も進行中だ。

同社の広報担当者に、アップルとのライセンス契約の可能性について聞いてみたところコメントを控えるとし、今回の特許侵害による損害賠償額についても公表できる情報はないと述べた。また、特許侵害の評決が、iPhone 以外のアップル製品に影響を与えるかとの質問に対しては、iPod や iPad などの製品には直接の影響がないことをほのめかした。さらに、 MobileMedia Ideas は同社のオーナー3社に係わる特許訴訟の実行部隊なのかとの質問に対しては、「(3社の) 子会社だ」とだけ述べた。

 
Show full PR text

Apple's iPhones Found to Have Infringed MobileMedia Ideas Patents

CHEVY CHASE, Md. -- December 13, 2012

MobileMedia Ideas LLC announced that a jury in the United States District Court in Delaware today reached a unanimous verdict finding that three patents owned by MobileMedia Ideas – US 6,427,078 covering camera phones, US 6,070,068 covering call handling and US 6,253,075 covering call rejection – are valid and infringed by Apple's iPhones.

"MobileMedia Ideas is pleased that the jury confirmed Apple's iPhones use our patented technology," said MobileMedia Ideas President and CEO Larry Horn. "MobileMedia Ideas' objective is to make these important technologies and others used in mobile phone and other portable devices widely available. We welcome Apple and others to enter into licenses for the use of these technologies."

MobileMedia Ideas, a company owned by Tagivan (a subsidiary of MPEG LA), Nokia and Sony, has a portfolio of inventions widely used in smart phones, mobile phones and other portable devices including personal computers, laptops, netbooks, personal media players, e-book readers, cameras and hand-held game consoles. Its more than 300 patents cover a wide array of features such as call handling, speed dial, database searches, audio download and playback, and still picture and video processing. MobileMedia Ideas' objective is to make access to these important inventions available to everyone on reasonable terms. It presently has cases pending against RIM in the US District court for the Northern District of Texas and against HTC in the US District Court for the Eastern District of Texas. For further information, please refer to www.mobilemediaideas.com.

Counsel for the plaintiffs was Proskauer Rose led by Steven M. Bauer from Proskauer's Boston office and Jack Blumenfeld of Morris, Nichols, Arsht and Tunnell in Wilmington, Delaware.

(原文:Darren Murph 翻訳:日本映像翻訳アカデミー)