北カリフォルニア連邦地裁のルーシー・コー(Lucy Koh) 判事は12月17日、特許侵害を理由にスマートフォンなどサムスン製品26機種の米国内での永久的な販売禁止を求めたアップルの請求を棄却した。
コー判事は、サムスン側に特許侵害があったことは認めつつ、「問題のサムスン製品は、アップルの特許がなければ成り立たないわけではない」とし、さらにアップルはサムスンの特許権侵害が直接の理由となって、販売禁止が必要なほど売上が減少したと示すことができなかったと述べ、アップルの訴えを退けた。

また、「サムスンはアップルの顧客を奪ったかもしれないが、アップルの顧客を独占したり、アップルをスマートフォン事業から撤退させるような兆しは見られない」として、アップル製品の売上減少は、単にサムスンがアップルと直接競合する企業であることも理由になると示唆している。

しかし一方で、サムスンが約10億5000万USドル (約882億円) の賠償を命じられた8月の陪審の評決の破棄と再審を求めていた件では、コー判事はこの訴えを却下した。巨額の賠償を命じた評決そのものは揺るぎそうにない。

(原文:Sean Buckley 翻訳:日本映像翻訳アカデミー)