Xbox LIVE のクラウドセーブ他に障害発生、一部のユーザに影響

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年12月30日, 午前 01:43 in microsoft
0シェア
Xbox Live outage temporarily disconnecting cloud storage for some users

マイクロソフトの Xbox LIVE サービスで障害が発生しています。内容は LIVE のサーバ上にクラウドセーブしたデータにアクセスできない症状で、影響範囲は「一部のユーザー」とされています。

Xbox LIVE のサービスステータスでは、問題が広く報告されてから数時間後の29日午前1時45分(太平洋時間)付で、問題の発生と内容、技術チームは全力で復旧にあたっており、セーブデータの整合性を守るため慎重に作業を進めていることが報告されています。復旧の見込みについては現時点で触れていません。

またクラウドセーブ以外の部分でもLIVEにアクセスできない問題が報告されています。こちらはつながった・つながらない・ゲーム中に落とされてほかのプレーヤーは遊んでいるのに戻れないなどさまざまな報告があり、LIVE全体やログインサーバがまるごと落ちたのではなく一部のユーザーにのみ影響が出ているようです。

なおクラウドセーブデータは文字どおりインターネット上のサーバにデータを置くことでどこからでもアクセスできバックアップにもなる機能ですが、クラウドセーブを選択してプレイした Xbox 360 のストレージにはクラウドと同期したキャッシュが保存されています。

クラウドセーブに障害が発生したり、オフラインの場合でも、[システム設定] - [データ保存機器の管理] を選ぶことで、データの移動や削除は可能です。
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

 

関連キーワード: microsoft, xbox 360, xbox live, Xbox360, XboxLive
0シェア

Sponsored Contents